• 高血糖を改善するアラ

    アラはALAと表記されることもあるアミノ酸で、細胞内のミトコンドリアで毎日、生成されています。

    アラ関する情報選びで悩んだ時に見てほしい情報をそろえました。

    しかし暴飲暴食や不規則な生活、加齢などで生成量が低下してしまうと、様々な疾患の原因となります。一般的な日本人では、17歳が生成量のピークです。このアミノ酸が不足すると糖の代謝機能が落ち、血糖値が上昇します。

    ロケットニュース24のことなら、こちらをご参考にしてください。

    健康的な身体であれば、一時的に血糖値が上がっても、膵臓からインスリンが分泌されるために血糖値は下がります。
    しかし血糖が高い状態が長く続いていると、膵臓のインスリン生成が追いつかなくなり、高血糖が持続することになります。


    通常、食後は食前よりも血糖値は上がりますが、病院の検査で朝の空腹時の血糖値が126mg/dl以上あり、しかも食後の血糖値が200mg/dl以上ある場合は、糖尿病の可能性があります。
    しかし十分な量のアラを体内に補給できれば、糖は速やかにエネルギーに変換され、血糖値も下がります。
    空腹時と食後の血糖値のどちらにも有効に作用します。
    さらにアラは代謝機能を促進するため、エイジングケア効果も注目されています。

    このアラはカイワレ大根やほうれん草などの緑黄色野菜をはじめ、しょう油や黒酢、納豆や赤ワインのような発酵食品にも含まれています。


    しかしこれらの食品のアラ含有量は微量です。
    気を付けて食べるようにしても、1日に2mg程度しか摂取できません。



    そのため生活習慣病の改善や予防を考えるのなら、サプリメントの利用が効果的です。